ハネホン月例ツーリングをコーディネートする社長がその楽しさをリポートします


by hanehon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧



ナイタイ高原を出てR273を少し走れば、すぐに糠平温泉に到着です。

ここは何回も通過して、白樺の並木の綺麗な直線を三国峠に向かったところです。
今回はやっと宿泊する事になりました。
e0169970_12211066.jpg


宿に入り部屋割りは、幹事長のAKさんが喫煙者と禁煙者とに分けており
後はその日の気分とその場にいる人で決まりです。

早速、着替えて温泉に直行です。

ここのお風呂は谷に向かって開けており、落ち着いた感じで
すぐ横の出口を出ると、露天の岩風呂があります。

既に仲間が入っており、話のメインはMOさんが羊羹の折をいただいたことで
なぜだろう?という事でした。


途中、下を見ると、ずっと下に露天風呂がもうひとつあり
そこは混浴と云うことが判明!

しかし、入口が違う所にあり、今はいけないとの事で
明朝にすることにし、さっぱりして宴会場へ!
e0169970_12212845.jpg


今晩の料理は豪華絢爛?です。
かに、刺身、すき焼き、てんぷらと盛り沢山で、食べきれない量でした。
e0169970_12214260.jpg


乾杯の後は今日の話題、またAGさんを囲んでMOさん、通訳のTDさんのグループは
大いに盛り上がっておりましたが、私は朝早かったので、眠くて、眠くて
ろくに食べる事も出来ず、残念で心残りでした。

皆さん大いに盛り上がり、初日の宴会は楽しく終了いたしました。

後は、各部屋でいびきの競演でしょう!
おやすみなさい。




6月5日 北海道の朝は早いのです。

日本列島の中で一番東にある為、東京より小一時間は早く夜が明けるので
おじさん達は普段よりも早起きになります。

MOさんは、多分、廃線になった鉄道の橋を探検に行ったでしょう。
こんな山の中を早朝一人出歩くなんて、熊が出たらどうするのかと心配です。


が、昨日は入れなかった混浴の露天風呂の事も忘れていません!

早速行きましたが、谷の下に木製の階段を下りて行き
音だけ聞こえる谷川の対岸の緑の木々の壁に向かって大きな岩風呂があり
野趣豊かな風呂です。

もちろん!男性だけしかおりませんが、これがツーリングの楽しみのひとつです。
最高ですよ!

e0169970_12221277.jpg



                                つづく

                                      HFT 佐藤
[PR]
by hanehon | 2009-06-25 12:22
e0169970_11513713.jpg


お待たせいたしました!
待望の(?)Hanehon Enjoy Touring 第1回目の詳細が決定いたしました!!

★ツーリングに不慣れな街乗りライダーの方
★初心者ライダーの方
★中排気量ライダーの方
★大型だけどのんびり走るのが好きなライダーの方


夏一歩手前の房総半島を一緒にの~んびり走りませんか?
ルート詳細は、コチラよりご覧ください。
申込書もかねていますので、お申込の際はこちらを印刷してください。
そして、ご来店もしくはFAX(03-3741-0814)にてお申込をお願いいたします。

携帯よりご覧いただいている場合は、直接ご来店いただきますと申込書をご用意しております。
ご来店が難しい場合は、ツーリング事務局 03-3744-1101 までお電話いただけましたら
申込書をFAXもしくは郵送いたします。ご記入の上、FAXもしくはご郵送ください。
(※申込書をご郵送いただく場合はコピーを取って、コピーを送っていただき本書は手元にお持ちください。
  裏面にルート表や集合場所が書いてありますので、お間違いのないようお願いいたします。)

今回ご案内役として同行いたしますスタッフは、ハネホン・Uバイクセンター店長 川村です。
ちょっと強面ですが、女性にはとても優しく、お客様にはとても親切です!
いや・・・スタッフ間でも別に怖いとかはないですよ042.gif003.gif

ツーリングのことで何か質問がありましたら、03-3741-0529 川村まで
お問い合わせください。

多くのみなさまのご参加をお待ちしております058.gif
[PR]
by hanehon | 2009-06-23 12:35 | Motorrad Touring


今年も、6月4日より8日まで、恒例の北海道ツーリングで輝いて参りました。

故 淀川 長冶氏はいつもTV画面から
 ”映画って、やっぱり好いですね!さよなら、さよなら、さよなら” 
と、何十年も言い続けました。

私も言い続けて行くでしょう。

北海道ツーリングは最高だ!
又、来年も行きましょう!!


と。


今年は20年ぶりに参加する人がおりました。

20年前に、第一回の北海道ツーリングに参加し、我々とはいつも楽しくツーリングを楽しんだ
スペインのA.Gさんから
「まだ北海道ツーリングを続けているか?」
と連絡が入り、もちろんよ!と応えると、
「またぜひ参加したいので頼む!」という事で、海外からわざわざの参加者が加わりました。


なぜ?
外国から高い金を払って来るの? 
そんなに北海道でツーリングが良いの?


ですね!
それは北海道をツーリングしてみてください。
判ると思います。




6月4日 朝4時前に起き、準備した荷物を持って、車に乗り
羽田の駐車場に向かいました。
羽田空港のスカイマークのカウンター付近に続々と皆が集合してきました。
e0169970_11134988.jpg

ここで朝飯を食べておかないと、後では食べる時間がありません。
挨拶もそこそこに朝食を摂り、チケットをもらってチェックイン。
昨年のように、ブーツを脱がされた人は出ませんでした。

6:35発の札幌行きは、早朝にも関わらず8~9割の乗車率で
混みあっておりました。
e0169970_11141039.jpg


1.5時間後千歳着。
今回の札幌~苫小牧行きのタクシーは、毎年お願いしている小林さんが亡くなった為
若い二反田さんに代わりました。

確実に1年の時間差を感じました。
It's a life !これが人生さ!


天候はドンよりしてスカッとしませんが、苫小牧には既にフェリー組5人が
サラブレットのスタート前の感じで待っておりました。
e0169970_11142829.jpg


早速、私は今年の愛車R1200GSからライディングギヤを取り出し
コンテナの中で着替えをし、帰りに着る服・靴をパニヤケースに仕舞い
毎日の着替えを入れたインナーバックを、トップケースに入れて完了。

AGさんも、初めて乗るF800STの取扱方の説明を聞き、何となく判った様なので
いざ出発!!

私も、AGさんも初めての車輌で少し戸惑いながら、沼ノ端東ⅠCより
無料の日高自動車道を日高富川までノンビリ走り、車輌に慣れることにして様子を見ました。

R235に出て、ハイセイコウの銅像の建つ新冠の道の駅まで休憩はお預けです。
喫煙者はすぐ休もうとして何かと言って来ますが、いちいち聞いていたら日が暮れてしまいます。

ここはさすがにサラブレットの町
街並みが東京近郊のバイパスの様に
トヨタ、ホンダ、ニッサン、スバル、マツダ、ミツビシ、タイヤ屋さん、等々
立派なショールームが立ち並び、景気のいい感じで気持ち良くなります。

 
新冠の道の駅は、競馬の好きな人ならよだれ物の競馬グッズが色々と販売されておりました。
そして駐車場の入口のハイセイコーの銅像はカッコいいですよ。
e0169970_11145112.jpg


おやおや?
バイクに向かう途中で後ろで声がするので振り向くと、中年のおばさんがMOさんに
菓子折りをプレゼントしているではありませんか!
これはなあに?

長老のTYさんの説明では、道の駅でMOさんと話をしたおばさんが
MOさんの男ぶりに感激し、「途中で食ベな」とプレゼントしてくれたとか?
いやはやモテる男はたいしたもんですよ。



それはさて置き、この町はとても立派なのです。
豊かさが感じられます。
競馬って凄いなあ!と話しながら、二十間道路に入ってきました。

昨年は上から下りましたが、今年は下からのお通りです。
立派なもんですね! 一同2年続きで感激。
途中、まず1回目の記念撮影は、走行中のバイクを1台ずつ撮るのですが
中々スピードが合わず、正直言って上手く出来ませんでした。
ゴメンナサイ!
e0169970_11161836.jpg


二十間幅の両側にさくらの大木の並木が連なる7kmの一直線の道路は
周囲の緑の牧場に囲まれて素晴らしい眺めです。
しかし、何の為に造ったのでしょうか?
北海道開拓史によると、黒田清輝という方が北海道長官の時の明治初期に造ったそうです。
昔の人は、気宇壮大で気持ち好いですね。
最近の、私腹を肥やす事ばっかり考えてる役人とは違いますなあ。

高校の同期の横道君も、知事の時に後世に残るようなものを造ったのかな?と
ふと考えた次第です。
e0169970_11163746.jpg


全く、ここは馬の牧場ばかり続きます。
面白いですよ!
北の方の牧場は、牛です。
乳牛からコツコツと牛乳を採取し、肉牛を育てる牧畜です。
e0169970_11184534.jpg


しかし、この辺の牧場は馬を育てますが、馬からは何も採りません。
その馬が馬主に買われ、訓練し、競馬で勝てば、馬主同様に儲かるシステムです。

一攫千金を夢見て頑張っているのでしょう。
良い馬を生産した牧場は素晴らしい建物ですぐわかりますし
有名な馬の名前が看板に書かれております。

北は昔からの農業として生産を司り、南の牧場は近代の産業の様に製品を生産している感じがしました。



R236との合流点に大型商業施設がありましたので、休憩と昼食です。
回転寿司もありましたし、大型のスーパーもあり、便利な所でした。

午後のスタートは、その名も天馬街道を北上し、帯広に向かいます。

野塚トンネルを通って十勝に入り、平野になった辺で “中川一郎 生誕の地” という
小さな看板が道端に立っておりましたが、その辺には民家は見られず
かつて青嵐会で、北海の白熊としてその名を政界に轟かせ
石原都知事の盟友としてタカ派の闘士であった政治家を思い出させてくれました。

そして、広々とした芽室町の日本一の9.2kmの防風林の脇を
一気に通り過ぎ、士幌町に入り給油です。

この街はとてもよい感じの町で、自転車に乗る人が目に付きました。
北海道では余り自転車は見かけないので、目に付いたのですが
ガスステーションに自転車のショウルームが併設されており、聞くと売上が良いそうです。
自転車でも良いサイズの街なんでしょう。


少し天候が怪しくなって来たので、先を急ぎます。
次は日本一広い牧場で、十勝平野一望のナイタイ高原牧場です。

今回ナビ役のIRさんが、苦労して探した日本一です。
入口らしき門を入ってドンドン山を登ると、行けども行けども緑の絨毯が続きます。
しかし残念な事に、高くなるにつれて霧が出てきたのです。
e0169970_1119229.jpg


全員ハザードを点けて、ゆっくり上っていきました。
19台のバイクが、チカチカとハザードを焚いて走る様は何か異様でした。

道が少し下りになり広くなった所が駐車場でした。
即、階段を下りたレストハウスに入り、ソフトクリームを食べながら、外を見るのですが
濃霧に阻まれて何も見えず、残念!
e0169970_11191448.jpg


執念深い我々は、再度挑戦し、絶対にその広さを確認するぞ!と決めて
糠平温泉に向かってスタート。
またハザードの行列で進行です。
 

                                つづく
                                        HFT 佐藤
[PR]
by hanehon | 2009-06-23 11:25


6月21日 日本ロマンティック街道


のツーリングは、雨のため
次週に延期となりました。




6月28日 集合時間・場所、コースも同じです。

皆さまのご参加をお待ち致しております m(_ _)m





来週は、晴れますように!!

                              野崎(女)
[PR]
by hanehon | 2009-06-21 12:20
いつも Hanehon Freedom Touring ブログをご愛読いただき、ありがとうございます。
この度、Hanehon Enjoy Touring という新企画を開催しますこと
お知らせいたします。

・・・という堅苦しいご挨拶はここまでにしまして。

Hanehon Freedom Touring に興味はあっても、BMWばかりだから速いんでしょ~という
声をたま~に耳にします026.gif
当社のスタッフもそのように思っているようでして・・・
実際はどうかというと、速い人は速いです===3
でも、先頭の当社社長:佐藤はそうでもないのです。

ただ~し!BMWに乗るライダーは疲れが少ないのです。
疲れが少ない = 休憩が少ない = 休憩が短い = 休む暇がない007.gif
という連鎖が起きてしまうのですね。
そこが「ハネホンツーリングは速いからついていけないよ・・・」という結果に繋がってしまうのかもしれません。

そ・こ・で ♪♪♪
Hanehon Enjoy Touring

Hanehon Freedom Touring とは別物で、ツーリングに不慣れな街乗りライダーや
初心者ライダー、女性ライダーを対象にのんびりと走って楽しみましょう!という企画です。

初回は、7月12日(に開催いたします。
日帰りツーリングで、千葉方面へのショートツーリングです。

ご案内役は、ハネホンUバイクセンター店長:川村がお供いたします。
新企画ですので、ご案内役も初仕事です!
道を間違えることもあるかもしれません・・・が、楽しくトコトコと走りましょう060.gif

ルート、集合などの詳細は現在作成中ですので、今しばらくお待ちください。
みなさまのご参加をお待ちいたしております!!


ツーリング事務局員(?)より
[PR]
by hanehon | 2009-06-20 12:16



“一週間” の歌 HFTバージョン 

【 原曲 】  ロシアのチャストゥーシカ(村歌)
 


木曜日に北海道へ出かけ
走って、遊んで、飲み会だ~
 テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
 テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー
e0169970_12175629.jpg
e0169970_1218488.jpg
e0169970_12181350.jpg



金曜日は雨だけど走り
記念写真撮って、飲み会さ~
 テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
 テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー
e0169970_121906.jpg
e0169970_12192756.jpg
e0169970_12193850.jpg
e0169970_12194818.jpg



土曜日に芝桜見て
やっぱり、走って、飲み会さ~
 テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
 テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー
e0169970_12204246.jpg
e0169970_12205384.jpg
e0169970_1221427.jpg



日曜日にオンネトー行き
走って、飲んだらカラオケだ~
 テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
 テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー
e0169970_1221263.jpg
e0169970_12213987.jpg
e0169970_12214829.jpg



奥さんよこれが私の
北海道ツーリングです。
 テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャ
 テュリャテュリャテュリャテュリャリャリャー
e0169970_122271.jpg






                                  おしまい(* ̄m ̄)プッ
[PR]
by hanehon | 2009-06-19 12:22


北海道ツーリング、本日は

糠平温泉を出発し、三国峠~層雲峡を通り
チョイと上へ行ってから、オホーツク温泉へ下がるというコースです。



今日も、また温泉に宿泊!
毎日温泉だなんて、羨ましいなぁ



ツーリングで疲れた体を、温泉でほぐして
また明日のツーリングへ!!




さてさて、気になる本日のお天気は



曇り時々



雨雲は、流れているようなので

雨を避けて走っているとイイですねぇ~b(⌒o⌒)d



動物の飛び出しには、お気をつけて!?



                                     野崎(女)
[PR]
by hanehon | 2009-06-05 12:15

本日、朝イチの飛行機で飛んでいきましたぁぁぁ!


今日は、苫小牧で愛車と数日ぶりの対面をして
糠平温泉まで向かう予定です。

もちろん、観光しながら\(⌒▽⌒)/




え~っと、北海道のお天気は 曇り




雨じゃないなら、良しとしましょう(≧∇≦)b





北海道ツーリングへ出掛けた20名の皆様

お気をつけて、楽しいツーリングをお過ごし下さい!



                                       野崎(女)
[PR]
by hanehon | 2009-06-04 14:28


車山からヴィーナスラインに向かう道は完全に乾き
白く輝き景色も遠方は霞んでますが、近くは緑が綺麗に見えます。

最高に良いのは、この天気の為、物好きにも山に来る人が少なく
安心して気持ちよく走れることです。

しかし、山道を走りながら、いつも考えるのは
よくもこんなに上手く道を造れるもんだなあ!!!です。


霧が峰(エアコンで有名?)で右折し、扉峠へ向かい
右折して県道67を松本に向かいました。 

松本は町に落ち着きがあり、何となく城下町の風情を漂わせております。

松本城もすぐ見つかり、駐車場を見つけるのに一回りして
大きな駐車場に2輪のスペースがありました。
1台100円で駐車。

早速、名物の信州そばを食べに、混んでなさそうな
駐車場の裏側のお店に行きましたが、正解!
待たされるのはイヤですよね!

食後、早速、お城の見学です。
こじんまりした城で歩く時間が少なく助かりました。

しかし、内部はよく保存されており、城の内部をよく見ることが出来ました。
でも天守閣への階段は大行列で、30分以上掛かるとのこと。
残念ながら次回という事にして、途中引き返す事に致しました。

お城の見学を終了し、帰路に着きました。


三才山トンネルに向かってR143を行くと、信州大学や浅間温泉の脇を通過します。
GTのYさんはここの卒業生だから、この辺で遊んでいたんだろう等と話しながら
トンネルを通過すると、雨が激しく降り始めましたが、すぐに小雨になり
佐久に近ずくに従い止んでしまいました。

横川の釜飯屋に着いた頃には、雨はスッカリ止んでおりました。

昔懐かしい釜飯をここで食べる為に、昼は軽く蕎麦にしておいたのです。
早速、買い込んで食べると、懐かしい味と釜の形をした入れ物に郷愁を覚えました。 

食べ終えると、即出発。
おぎのやの前が佐久ICで、上信越道に乗り
一路関越に向かってGO! 

しかし、ここで雨が激しく降り始めましたが、幸いに横川までは長いトンネルが続く為
さほど気にもならず、一気に藤岡JTを通過。

高坂SAまで走り、ここで最終の東京に入るのにどうするかを話し合いました。

1.練馬で降りて環八、又は環七で羽田へ向う。
2.練馬から外環で美女木JTに行き、池袋経由の首都高で羽田に向かう。
3.圏央道で八王子経由で中央道、そして新宿経由で首都高

関越は他の高速と違い、ダイレクトに首都高に入れないので色々なルートがあり、
特に新しい圏央道と1000円高速のお陰で、3番のコースが出てきました。
でも、3番は距離がぐんと伸びます!

サア、どれを選びますか???
となりましたが、皆さん好きな道を選んで走るということで出発。


1.を選んだ人~ 飛ばし屋・一般道も気にしない人。最短距離。
2.を選んだ人~ 高速&距離の短さ。しかし渋滞箇所が多い!
3.を選んだ人~ 好奇心旺盛・1000円高速の魅力。40㎞位長い!

私は当然3ですが、どの組が一番早かったか?

2の人は千葉方面に向かったので、はっきり言えませんが
1と3はさほど変らずに羽田に着いております。

皆さん圏央道は使えますよ。 
但し、1000円高速が無いとコスト高になりますので、ご注意を。


本日は、予定外に走行距離をオーバーし、530㎞のツーリングでした。
雨が本降りにならなかったのは、我々の行いの良さが認められたのでしょう。



6月は、恒例の北海道ツーリングです。

唯一、心配は天気です。
ご一緒する人の中に行いの悪い人は居ない事を信じて、イッテキマ~ス。


                                  HFT 佐藤
[PR]
by hanehon | 2009-06-02 09:43


双葉SAも、結構混んでおりました。
やはり1000円効果ですよ!

我々はスマートIC の工事現場の隣に駐車。
何人かが給油してから、出発です。

しかし、この辺から明野・韮崎・小淵沢と、良い環境ですね。
ゴールデンウイークに、私の高校の友達の家に滞在し、
毎日、近所の村の温泉へ行き、彼の手作りの山菜のてんぷらを食べ
ビールを飲んでいたのを思い出し、須玉ICで降りて
また友達の家へ行きたくなってしまいました。
美味しかったなあ!
こしあぶら、タラの芽、うど、その他いろいろでした。 

小淵沢の少し上の方にある 「悠山房」 という、質素だけど洒落たレストランで
ご馳走にもなりましたが、ここも結構なものでした。
休日のランチは予約が必要なほどで、良い料理と雰囲気で楽しかったで~す。

また、近くに 「みそぎ神社」 という非常に立派な神社があり、
奥の池に面した能楽堂は一見の価値ありです。

ここでは、8月始めに薪能が行われるそうで、来たいという誘惑に駆られましたが、
その時はBMWライダーミーティングで白馬に行かなければならず…残念!


そんな事を考えていると、中央高速最高地点を過ぎておりました。
諏訪南ICにて高速をおり、一般道で給油していると、待望の(?)雨が降り始めました。

これから白樺湖・車山・ヴィーナスラインと、ワインディングを楽しむために
遠路やって来たのだから止んで欲しいな~と、考えながら走っていたら
ナント!車山スキー場では、本当に雨が止んでしまいました!!


今日は15名の参加ですので、いつもより15人~20人少ないです。
不参加の皆に、この事実を知らせて悔しがらせてやろう!と
三筋のAさんに電話して 「車山は晴れているよ」 と話しても信用せず。
しかし、赤坂のKさんに代わって話してもらうと、信じて残念がっておりました。


車山のスキーリフトの下には、雪の塊が残っており、この辺りの寒さが想像されました。


サア!
これからヴィーナスラインを楽しんで松本に向かいます。


今日は、ここまで。お疲れ様でした!

                                  HFT 佐藤
[PR]
by hanehon | 2009-06-01 11:56