ハネホン月例ツーリングをコーディネートする社長がその楽しさをリポートします


by hanehon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧



はなわの道の駅に到着。

結構車輌が多く、天気に誘われて近隣の人達が出て来ている様子だと
トイレに向かう時にすれ違うおじいちゃん・おばあちゃんの様子から感じられました。

そして、この道の駅は、非常に食べ物屋が多くある所だな~と感じました。



ここで事件発生!

羽田のKさんがバイクで私のそばに来て、ガス臭いと訴えてきました。

バイクを見ると、ガスが漏れている様子でしたので
即、Kさんはカウルを外し、漏れている箇所を発見しました。
ですが、部品がない為、引取りを依頼し
Kさんを残して出発する事となりました。
 

この時、引取りに際してのロードサービスの重要性を強く感じました。


ロードサービスの種類も、最近は沢山あります。
価格の違い、サービスの内容等はありますが、何かに加入していた方が良いと思いました。


1.全国バイク協同組合のライダースカード
2.任意保険と同時加入のロードサービス
3.盗難保険とセットのロードサービス
4.メーカーオーナーズクラブのカード 等々

いろいろありますし、経費も非常に安いので
加入しておくと安心してツーリングが楽しめます。

我々は北海道でも東北でも、何処へでも行きますので
絶対に必需品だと考えます。

皆さまにも、ご加入をお勧め致します。



はなわの道の駅を出て、川沿いに山に入って行きましたが
ここからが最高でした。

我々の常で、あまり国道は使わず、もっぱら広域農道専門で走るのですが
この高萩塙線は最高ですよ。


途中、はなわ悠々ランドのそばを通過しました。
ここは、いつも食事に寄る立派なホテルとお風呂とレストランが一体となった
規模の大きな手入れの行き届いた施設です。



山桜が点在する山道を40㎞位走った所に
こんな田舎には珍しく、車が道の両側に駐車し、人が沢山居る所があるので
こりゃ何事か?

大きな桜の木があり、皆が写真を撮っておりました。

e0169970_114644.jpg



私は早速カメラを片手で準備し、桜の横を通り過ぎる瞬間パチリと一発!
更に下に来て、もうひとつパチリとやって通過しましたが
その後の皆の話題は、桜の話ばかり。

しかし、流石の物知り博士のMさんも、この桜の事は判りませんでした。

 
帰宅後、すぐに宇都宮のMiさんからのメールで “松岩寺の山桜” と判明しました。

Miさんは、宇都宮への帰路、わざわざこの桜を見に行ってくれたそうです。
幹の直径は約2メートルもあったそうで、たくましいゴツゴツした幹が思い出されます。
写真をココに載せますが、走行中の写真ですからあしからず。


e0169970_11464135.jpg



ここから一気に高萩ICを横切って市内へ入り、6号線を南下して鵜の岬に到着。

ここは日本一の国民宿舎で有名なところですが、本日は昼食だけで
日帰り温泉には入れず。
また、広大な庭というか敷地の散歩も出来ず、残念です。

レストランは、100名位は入れる大きなドーム型の屋根を持った
Goodデザインの建築でした。

そして、最高なのは、キビキビ働く若いウエイトレスさんと
短時間で料理を作ってくれるコックさんたちなのです。


e0169970_1147032.jpg


ご馳走様でしたm(_ _)m



サア、これからは帰路です。

でも、高速を一気に帰る訳ではなく
これからまた、ビーフラインという森と畑の中のカントリーロードを
楽しんで笠間まで下り、友部ICから高速で都心に向かうコースです。

北関東自動車道も貫通し、便利になってきました。

常磐は大型のバス・トラックが少なく、結構走りやすく
疲れずに首都高に入り、湾岸に向い、湾岸を羽田に向かいます。

羽田から、走行距離530㎞余り。

今日も、70歳を越すTさんもOさんも、250CCのスクーターで参加のTさんも
皆元気に走りきりました\(⌒▽⌒)/

いつもの事ですが、高速で途中で降りて帰宅する仲間と
「また来月お会いしましょう! お疲れさまでした!」
の手を振りながら、分かれて家路に着いていくのです。


その言葉通り、また来月の月例ツーリングで元気に走りましょう(^O^)/


e0169970_11472138.jpg




先日、バイクは若さを保つには非常に有効だとの研究発表が有りましたが
我々の仲間は本当に元気に走り、楽しく語り合う人ばかりですので
その研究は当たっている!!!と私は信じます。

                                     佐藤
[PR]
by hanehon | 2009-04-26 16:18


4月19日 朝4:30
非情な目覚ましにたたき起こされて、目が覚める。


昨夜、と言うか今朝と言うか
冬用のライナーをライダーウエアーから外しておいたので
少しウエアーが大きくなったような印象を受けるが、
体重は相変わらず順調に上昇傾向にあり、要注意だなあ~と
寝ぼけた頭で考えながら、準備を進め
5時過ぎに完了。


今日も F800GS での参加ですが
3回目のツーリングで少し慣れたかな~?と言った感じで
外へ出ると、今朝は結構寒いな!


準備完了でバイクに乗り、スタンドを下ろし
エンジンを掛け、即スタート。

ご近所に 『あの親父は朝早くからうるさい奴』 だと言われない様に
早く路地を出て、メインの道路に出ると
スッカリ目が覚めて快適に走行。


少し走ると、やっぱり寒い 《《(≧◇≦)》》 天気予報と違う!と文句を言って
公園で1枚フリースでも着よう・・・などと思って走っていると公園に到着。
既に3台、集合しておりました。


私が到着すると、続々と皆さんが集まってきますので
急いでフリースとウエストバンドを出して着用し
保険の集金をしていると、そろそろ時間です。

ジャストタイムの羽田のKさんが今日は来てませんが
出発の合図でスタート。


首都高に入り、湾岸を走っていると千葉のⅠさんが
凄い勢いで追い着いてきました。

浅草のAさんは、まだ一般道に居るとの事。
相変わらずのノンビリ振りです。


高速道路の¥1000.政策のためか、いつもより混んでいる様子で
川口を過ぎ、浦和に近づくと、見た様なRTが前方におりまして
アリャ!これはAさん!!速いですね…
ノンビリ屋とは、失礼致しました m(_ _;)m

e0169970_13293658.jpg


料金所は、皆ETCでスイーと通過し東北道へ入りました。
東北道の羽生PAが第2集合点です。

ジャストオンタイムで到着。


それにしても、今日はバイクが多い事!!

天気は快晴!
皆さん楽しそうに語らっております。
老いも若きも関係なく、バイクの話に花が咲く060.gif
これがツーリングの楽しみなのです。


いつもの様に朝ソバですが、今、羽生PAは工事中なので
店を探してしまいましたゞ( ̄∇ ̄;)

e0169970_13284666.jpg



サア、腹も決まったので、出発です!

今日は、北茨城・南福島のカントリーロード走行。
次は、上河内SAが休憩ポイントです。

快晴の高速は、交通量もかなりあるのですが
気持ちよく走れました。

 
我が F800GS は非常にスポーティーで、デュアルパーパスの為
ファイナルが高く、もうひとつギヤがある様な感覚です。
トップでも加速は鋭く、気持ち良いフィーリングでグングン加速しますし
結構なスピードで巡航しても、快適さに変化はなし。

私の様に、長年、RTやLTを乗り継いで来た者は
快適性にうるさいのですが
この F800GS は、GIVIのコンフォートスクリーンを装着しているので
風切音もなく、快適な走行で、上河内SAへ到着。

即、ガソリンを補給して、集合場所へ戻り、確認作業完了。

通過車はナシ、全員到着で大丈夫です。
人数はどんどん増えて、全員で30人をオーバーしておりました。


ここからは、Ⅰさんのナビでの走行です。

特に、今日のルートは、一般道のくねくね道をつないで走るので
ナビは絶対に必要な道具です。


新しい 板室IC を出て、黒磯を回って道の駅・東山道伊王野に到着。

休憩の間、トイレの横の大きな水車小屋を覗くと
ナント!2メートルもある石臼が、わずかずつ回っておりまして
蕎麦を引いておりました。

その隣の家では、3人のおじさんが蕎麦打ちです。
その手際の良さを見ていると、食べたいな~と思いましたが
10時から営業と言う事で、ノンビリ待てずに残念・・・。

e0169970_1329672.jpg


この道の駅は、芭蕉の奥の細道の時に通った東山道に面しており
水車を廻し蕎麦を打ち、農作物も沢山販売しており
駐車場が広くて、素晴らしい道の駅でした。

スタッフの元気の良いおばさん達の言葉に、東北の匂いがし
懐かしい暖かさに溢れたところです。

皆さん、ぜひ行ってみる価値ありですよ!
その際は、ぜひ腹を減らして行って下さい。
美味しい蕎麦が待ってますよ。


蕎麦に心を残しながら、出発です。

これから、八溝山を回って棚倉町へ向かいます。
途中の戸中峠では、見事な桜のトンネルを通り
快適なツーリングが続きます。

宇都宮のMさんは、既にこのルートは5~6回通っているとの事。
羨ましい限りです。

歴史好きの矢口のMさんは、白河の関へ一人で向い
今頃、我々への講義の予習をしながら待っている事でしょう。


塙町に近づくと、悠々ランドはなわの看板が目に付く様になってきました。
もうすぐ道の駅・はなわです。
ここも広々した河川敷を背にした施設です。



が、続きはまた後ほど(^O^)/

                                   佐藤
[PR]
by hanehon | 2009-04-19 12:15



萩中公園 第1集合 am6:00  →  湾岸線葛西JCT  ⇒  三郷JCT  ⇒  


東北自動車道  ⇒  羽生PA 第2集合 am7:00  ⇒  上河内SA  ⇒  板室IC  →


K55  →  K179  →  K178  →  R294  →  道の駅 伊王野  →  


K28  →  K60  →  棚倉  →  R118  →  塙  →  K27  →  中平  →


K111  →  R349  →  K111  →  高萩  →  K67  →  R6  →  


国民宿舎鵜の岬 (昼食)  →  K297  →  K60  →  R349 里美大橋入口  →  


K36  →  K33  →  K29  →  県北東部広域農道  →  R118 ビーフライン入口  →


大桂大橋  →  笠間駅  →  K42  →  K109  →  北関東自動車道 友部IC  ⇒


友部JCT  ⇒  常磐自動車道 友部SA (休憩)  ⇒  谷田部東PA (解散)  ⇒  


三郷JCT ⇒ 都内



 往路:309km

 復路:214km

 合計:523km


 ※ オートバイの準備はもちろん! 体の準備もお忘れなく~☆
   タイヤの空気圧・オイルなどの点検をして、ガソリン満タンでお集まり下さい。
   天候によってはかなり寒くなる事もありますので、防寒衣類をお持ちになることを
   お勧めします。

 ※ 無事故無違反で、ツーリングを楽しみましょう!!

 ※ ツーリング参加費として、 \500(保険料) を頂きます。よろしくお願い申し上げます。


                              HFTツーリング事務局 担当 : 佐藤隆夫
[PR]
by hanehon | 2009-04-13 09:54


幹事長さんが作成し、届けて下さいました。


ありがとうございました m(_ _)m


e0169970_11341130.jpg

[PR]
by hanehon | 2009-04-06 11:36



コース設定から、ホテル・飛行機の予約・全て決定!


Ⅰ幹事長さんが、頑張ってくれましたので準備完了です049.gif

Ⅰさん作成の “旅の栞” も、参加者の名前を入れるだけで完成との事。

超ハイスピードです!




参加希望の方は、早くお申し込みをお願い致します。


今年は、スペインからも参加者があるようなので、楽しそうです060.gif


また、北海道MC症候群の患者が、今年も増える事でしょう。 


初めて参加すると、もう辞められなくなる人の事を
北海道MC症候群患者と呼びます。


これぞ、FREEDOM on TWO WHEELS!!




これって病気の事だったのカモ? 

                                         佐藤
[PR]
by hanehon | 2009-04-02 15:16