ハネホン月例ツーリングをコーディネートする社長がその楽しさをリポートします


by hanehon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧




朝5時15分

外に出ると寒い!


今日も、F800GSで参加です。





スイッチを入れて温度計を見ると3.5℃ Σ( ̄ロ ̄lll) 
寒いはずだ!

しかし、キチンとした装備を着込んでいるので、問題なし。




気持ち良くエンジンもスタート。

即、走り出す。

暖機運転など不要なのだ。

というより、ご近所の迷惑になりたくないので( ̄∇ ̄;)
マナーですよ!マナー!!



気持ち良く走って、萩中公園に到着。

まだ、誰も来ていない?
順延を知らない人が多いかな~と、少し心配。

でも、すぐにバイクの音が聞こえ、徐々に集まって来ました。



羽田のK田さんが来たので、そろそろスタートです。



本日、私のF800GSは、1㎝車高を下げてみました。

サイドスタンドの立ちが改善され
サイドで停めて車体を立てる時に簡単に出来、ラクになりました。

走りもさして変化無く、気持ちよく走れます。
これで気が楽になりました~(≧∇≦)b



6:10 スタートし、羽田から乗り横浜へ。

ベイブリッジに登るループ状のコーナーは、実に気持ちよくバンクして
やはりGSは軽快に走ると関心!

ベイブリッジからは、東京湾越しに
千葉の山々がくっきりと見え

今日は寒いが、空気が澄んでいて最高だ~\(⌒▽⌒)/
と気合を入れて頑張りました。


が・・・やはり寒い!
西湘PAでフリースを重ね着しようと考えながら快走し
新道からR1に入り、箱根駅伝の話をしながら
大船→藤沢→茅ヶ崎を通り、湘南海岸を一路西湘PAへ。


PAに着くと、皆さん、蕎麦屋とトイレに直行です。
朝食をとったり、少し休憩をし
一段落して、また出発。

ココに集合した仲間が合流し、箱根超えで新道を登りますが
やはり高い所は寒いのです。
2℃になっていました。


箱根峠を通過し、三島方面に下り始めると
MOさんから、昔の東海道についてお話がありました。

この方は、東京から大阪まで旧東海道を踏破しており
箱根超えの32㎞を、一日で歩いたとの事。

全員(呆れて)声も出ませんでした。



温度も少しずつ上昇し、快適感も上昇。

修善寺で戸田線に入り、快適に飛ばして地元のタクシーに追いつきましたが
さすが現地人の運ちゃんは上手です!
見事な走りでライン取り、アクセルワークと関心しきりの我々でした。


戸田峠で西伊豆スカイラインに入り、仁科峠に向かって快適なワインディング。
全員声も無く、気合を入れて走ります。

しかし、今日の私は左コーナーが上手く出来ず、一寸苦戦です。



天気が良いと、ココは最高です!
途中止まって戸田の町を見たかったのですが、通過して次の町を見る事にしました。

仁科峠の手前の見晴らし場で休憩し、おトイレを終了。
寒い時はトイレが近いのです。
年のせいでしょうか?

でも、若い者も同様に林の中に向かって行列していましたっけ (-_-;)



峠から宇久須に向かって急降下して行くと、温度は急上昇。
快適~!

海は青く、桜も咲き始めており、道路も混み合わず、全て快適に松崎着。


駐車場はいつもの港のトイレの近くが空いておりました。
この駐車場は、便利ですよ。

バイクを停めると、皆さん、好みの食べ物屋さんへ散歩です。

ここの街中の郵便局には、昔懐かしい赤い大きなポストが
今も現役で頑張っており、懐かしい限りです。

今年は、写真はナシにしました。
若い人は知らないでしょうから、ぜひ見に行ってください!

誰がデザインしたのか、良いんですよ。
そして、つばが付いて水が入らないので手紙は濡れないし
重いので盗難は心配ないし。
街角にこのポストがあると、妙に田舎の町が思い出されます。


浜中屋さんの看板に釣られて行くと、立派な松林の中にあり
良い風情でしたが、我々の行ったのが開店前でチョット迷惑そうでした( ̄∇ ̄;)

その辺を散歩して戻ってくると、看板が営業中に変りました。
サア~、入場。

どんな料理があるのか、楽しみと心配が頭を2分する瞬間です。

我々は、TAさんが決めた親父丼(?)を注文。
何が出てくるか、親父が親父を待つ訳です。
(一応、オヤジギャグですが・・・)

そして、待つ事15分。

刺身の盛り合わせ、川のりの付出し、ブロッコリーの湯がき、海藻の佃煮風
味噌汁の藤壺から磯の香りがプ~ンと来て、イイ感じでしたし
刺身も入れ物が小さい為、初めは少ないなぁ。。。と感じていましたが
さにあらず、中々のモノでバリュウフォーマネーでした。


食後は、海水浴場を歩いて港に戻りましたが
砂が綺麗で、さぞ夏は賑わうことだろうと感じました。



午後のコースは山の中を走るので、少々ハードな設定です。

まず、松崎街道を下田方面に向かうのですが、川沿いの桜の見事な事。
所々が7分咲きで、残りは4分咲きという所でしたが、見事な並木です。

R414(下田街道)を七滝方面に向い、快適なワインディングが続き
ループ橋を超えて、天城峠。


湯ヶ島の郵便局の交差点を右折して、わさび谷に向かいます。
山奥に隠れるように巨大なわさび田があります。

MOさんによると
『わさびの葉は、水戸黄門でお馴染みの葵の紋所であり
 かつてこの辺は幕府直轄の領地であった。』
との事で

何時もながら、観光バスガイドの様にイロイロ良く知っている。



冷え川ICを通過し、伊豆スカに入り、亀石峠で休憩。
ここはバイクが100台位集合して賑やかです。
天気が良いと気持ちの良い所ですね。

休憩後出発し、熱海峠に向います。
そして箱根峠にて給油。

少し寒さが厳しくなり始め、スタンドのスタッフも店内にいて
今日は休みかな?と思いました。

店長に聞くと 「今日の箱根は、バイクも車も少なく静かだよ。」 との事。

皆、高速1000円で遠出をしたようです。



芦ノ湖スカイライン、箱根スカイラインは景色が良く
路面も良く、楽しそうなコーナーが多いのですが
ここでナントまたまた為五郎!!

空が黒くなり、雪が舞い始めました。

急ぐ旅でもなしと、前を走っていたHDチームの後をノンビリ走りましたが
40㎞の安全走行には辟易です。

我々がR138に入った時には、先行のグループは既に足柄SAに入ってしまいました。
遅ればせながら、足柄に入り、全員集合。

海老名SAは混み合っているだろうとの予測で、ココで解散をし
一気に東京に帰還しようと決定。


「お疲れ様」 の挨拶で解散。


その後、途中横浜ICまでの25㎞の渋滞も、トラックが少なかった為
意外とラクに走行。

料金所を通過して驚きましたが、ナント料金盤に¥850.と出ておりました。
御殿場から横浜町田ですよ!
¥1000以下ですが、まだ設定が完全でないのかも?
疑問です??

横横⇒横羽線と快適に通過し、羽田に向い
今朝通った時には、パイロンで通行止めだった大師ICが開通しており
また便利になっておりました。

多摩川の上で雪谷付近からのMIさんと 「お疲れ様」 の挨拶を交わし
本日は終了。



皆さま、お疲れさんでした。

4月は福島方面ですが、高速¥1000.を有効に使って
楽しみたいと考えております。

ぜひ、ご一緒に楽しみましょう☆⌒(*^∇゜)v

                                   佐藤
[PR]
by hanehon | 2009-03-29 15:16
みなさま、お待たせいたしました。
ハネホンフリーダムツーリングの大イベント
裏磐梯キャンプツーリング
を開催いたします。

・・・いや、開催はするんです。毎年9月に、敬老の日を挟んで。
でも、今年のカレンダーをご覧になられた方!ビックリしませんでしたか?
敬老の日が、21日ですよ!!!!!!

私たちの感覚では、敬老の日=15日。
それが第三月曜日と決まってから数年・・・21日になってしまいました。
お気づきになられましたか?
そう、その翌々日23日は秋分の日ですよ!
祝日と祝日の間は国民の休日という決まりまでできちゃったものですから、
21-22-23と3連休なのです。

しかも、土日お休みの方は19-20-21-22-23と5連休になってしまうのです!
世のお父さんたちは、夏休みの後の5連休をどう乗り切るのでしょう?
お父さんだけでなく、みなさん同じでしょうか。
夏休みにドッカーン!と遊んだ後の5連休って・・・

ハネホンツーリング事務局スタッフ(名前だけはカッコよく・・・実際は雑務係)も
年間スケジュールを作成する昨年末から頭を抱えてしまいました。
5連休の真ん中にイベントを開催しても、参加人数が減ってしまうのでは?
これが悩みの種でした。

でも!
決めました。
開催日:9月21日(敬老の日)-22日(国民の休日)
です。

今まで土日はお仕事でご参加いただけなかったお客様。
ぜひご参加ください!!

今までもご参加いただいているお客様。
今年もぜひご参加ください!

ETCを装着して割引を利用すれば、
4泊5日 東北ロングツーリング
なんてこともお楽しみいただけます。

その中の一泊を、ハネホンスタッフと共に大バーベキューパーティー
楽しく過ごしてください!!

裏磐梯キャンプツーリングと銘打っておりますが
お客様のご要望にお応えし、
宿泊はテント・バンガロー・民宿・ペンションよりお選びいただきます。
テントをお持ちでないお客様には、ハネホンテントを無料で貸し出しいたします。

開催地は、福島県曽原湖キャンプ場
静かな湖で、地下火のキャンプファイヤーができてとってもステキなところです。
毎年お世話になっています。

周辺には数々の観光スポット、ツーリングスポットなどがあり、
例年前泊してのんびり過ごしたり、あちこち走ってみたり、中には山登りした方々も
いらしゃいました!

昼の現地イベントは、これからハネホン裏磐梯実行委員たちが企画を練り練りします。
お楽しみに♪

夜は大バーベキューパーティーキャンプファイヤー

そして、ビンゴ大会!!
毎年さまざまな賞品を、ハネホンの取引先さまよりご提供いただきまして
年々イイものになっています。

あの参加費で、このプレゼント?
と当たったお客様はドッキドキ!!

そうです。
この裏磐梯キャンプツーリングの参加費は、安い!のです。

男性 4500円
女性 3500円
子供 3500円(小学生)

キャンプ場使用料・バーベキューパーティー飲食費・保険料を含みます。

こんなイベントをハネホンは33年も続けているんですね~


イベント詳細は決まり次第発表いたします!
参加申し込みは、7月より開始予定です。

まだ4月・・・でも、スケジュール帳の9月21日-22日には
ハネホン裏磐梯キャンプツーリングとすぐに書いてくださいね!

みなさまと楽しいひと時を過ごせることを楽しみにしています!!

e0169970_11381444.jpg

e0169970_11382999.jpg

e0169970_11384125.jpg

[PR]
by hanehon | 2009-03-27 16:04



3月22日 月例ツーリング

荒天の為中止し、順延にし、3月29日(日)に実施致します。


前日のツーリングの実施に関する問い合わせが多数あり
いろいろな情報を総合して、何人かのお客さんと話し合いをし

雨は1ミリ位しか降らないし、風が少しあるが行けそうだ!
と言う事で 「やりましょう!」と決めました。



本日、朝5時前に起き、ツーリングの仕度をし
集合場所の萩中公園へ。

結構道路を走る車も多く、いよいよ春だな~と感じながら、萩中公園に到着。


既に、数人が集まっており、その後、ポツポツと集まって来る人に
天候の様子を聞くと
「雨は無いが風が強く、湾岸道路は走るのに大変だよ」
などなど。


又、ナビのⅠさんより
「風が強くなり、箱根の山超え・西伊豆スカイライン・海岸線は厳しい状況になるでしょう」
との情報あり。


今年より、順延すると云う事になったので
無理はせず、順延しようと云う事に決定!


公園に集合した人は解散とし、お気楽組のHさんが第2集合地に行き
集合した人に “解散” を連絡して貰う事で、本日は解散。
全員、帰宅。



本日は残念でしたが、又、来週、好天を楽しみに
1週間待ちぼうけです。



でも、良い事もあります、高速の割引が28日より始まります!

皆さん!
29日は絶対好い天気になりますよ!
少し早起きして行きましょう! 
[PR]
by hanehon | 2009-03-22 12:03



AMC Tokyoの店長の引率により、BMWメトロツーリングへ参加してきました。



e0169970_11512737.jpg




AMC Tokyoブログ  http://amctokyo.exblog.jp/i5/
[PR]
by hanehon | 2009-03-15 11:56


案の定、今日は参加したい人達が来店し
地図を見ては、夢をはせて計画に入れていかれました。


皆さん、やはりこの時期になると
北海道が頭の中に浮かんで来るようです。





 
しかし、天候が不安定で困ったもんですε=( ̄。 ̄;)
 
[PR]
by hanehon | 2009-03-07 17:59




いよいよ今年も3月の声を聞くと、北海道の声があちこちから上がってきまして
第一回のミーティングを開催する事になりました。

しかし、これも早々と2月の初めに騒ぎ始めた人がおりまして
ここまで伸ばして来たというのが現実です( ̄∇ ̄;)


昨年は、このミーティングは私を入れて4人で行いました。

その中の一人、K田さんは、残念ながら4月に発病し
北海道にも行けず、入院・治療の甲斐なく
9月には亡くなってしまいました。
残念無念だったでしょう。


今年は3人で集まり、昼過ぎから開始し5時頃になって
泊る宿が全て決定・予約完了となりました。

いつもながら、この時も結構楽しいもので
大の男達が大きな北海道の地図を中心にし
今年の夢を描いて行く作業です。

過去10数年の宿泊地以外の場所と、過去の評判の良いホテルを
地図上に付箋をし、全体のコースを1日の行程に合わせて
良いルートが取れるか・・・と、結構面倒くさく
喧々諤々とうるさいミーティングです。

こちらが決めても、予約で埋まっていれば取れませんし
予算が合わなければダメですから
幹事長が電話で確認作業をするそばで
外野がちゃちを入れたりと大騒ぎでした。


後はルートの細部とキロ数を出す、ナビ担当者が
次回のミーティングまでに考えるという事にして終了。


これもまた楽しい作業ですし、北海道の地図上に今年の夢が描けました。



e0169970_175752100.jpg

[PR]
by hanehon | 2009-03-06 17:52

ソレイユの丘のご紹介



15日に、BMWメトロツーリングの会場となる

ソレイユの丘

は、昨年、子供を連れて遊びに行ったばかりの場所です。



とても広い敷地に、子供が大喜びして遊ぶ遊具や
動物達にエサをあげられるふれあい牧場や
面白い形をした自転車乗り場・ゴーカート
ボートに乗れる池・大きな滑り台などなどがあり
1日中、走り回って遊んで来ました!

それから、イチゴ狩りやイモ掘りなどの収穫体験もでき
クラフトや料理の体験教室もありました。

えーっと、子連れ目線でスミマセン ( ̄∇ ̄;)


ですが、メトロツーリングで行かれる皆様も
童心にかえって、ゴーカートや滑り台で遊んでみては
いかがでしょうか?


季節毎にイロイロとお楽しみのある、ソレイユの丘は
入り口をぬけると、目の前がお花畑なので
3月中旬でしたら、とてもキレイな花に迎えて貰える事でしょう。


もちろん、ご家族へのお土産もバッチリ!売ってます。


お菓子はもちろん、地元で採れた野菜や
三崎港のマグロ製品もありました。

それから、ソレイユの丘の中にあるパン屋さんも
美味しかったですよ~049.gif


そうそう!
ソレイユの丘内には、温浴施設「海と夕日の湯」もありました。

私は、子連れだったで入りませんでしたが

 営業時間10:00~21:00(最終入館20:30)

ですので、メトロツーリング後にグループには「さよなら」をして
ひと風呂浴びて帰ってくるのもイイかもしれませんね。

その場合は、風邪をひかないようにお気をつけ下さい☆⌒(*^∇゜)v


                                    野崎(女)より071.gif





e0169970_11214438.jpg
e0169970_1122992.jpg
e0169970_11222412.jpg
e0169970_11222846.jpg
e0169970_11223657.jpg







ソレイユの丘 http://www.yokosuka-soleil.jp/
[PR]
by hanehon | 2009-03-05 11:28


昼食が済んでいざ出発です。

今日は順調に来過ぎたのと、夕方から天候が崩れるとの予報があり
少しでも早く帰って雨にあたらない様にしよう!と頑張った為
少し早過ぎの感あり σ( ̄◇ ̄;)

なので、小湊の誕生寺を見ようとしましたが、見飽きたとの声があり
通過し、山道に入り海岸と離れ、上総中野を目指しました。

この辺は、ゴルフ銀座の為に道路はグー!049.gif
一気に上総中野へ到着。

上総鉄道といすみ鉄道の終着駅で、両線が繋がっている無人駅ですが
駅前は広い広場で、大きなトイレもあり一寸した道の駅の感があります。

一両編成の列車が入って来て、数人のお客さんが降り
自転車でツーリングをしている人が、自転車を持ち込んで乗って行きました。

綺麗に黄色くペイントされた電車は、我が家の孫達が遊んでいる玩具の
「機関車トーマス」の客車のようで、かわいい車輌でした。


e0169970_14594297.jpg



ところが反対側から来た上総鉄道の車輌は、赤錆びた疲れた色で
以前の銚子鉄道の感じです。

頑張って欲しいな。
子供に夢を与える、かわいい電車にして下さい。

聞く所によると、いすみ鉄道の社長はココを頑張って黒字化し
今度の知事選に出るようになったとか・・・。
当社のお客さんが話してくれました。

このかわいい電車が、山の中や田んぼの中の単線を走る様は
毎日孫達に見せられている「機関車トーマス」の世界が
実物に見られるようで、うれしいものです!

これを売りにすれば、子供連れのお父さん、お母さん、爺婆が
わんさと訪れて一挙に黒字化し、綺麗な色にペイントされるだろうと考えます。

銚子鉄道は、濡れせんべい
上総中野は、機関車トーマス
で元気になって、子供に夢を与えて下さい。


さてさて、余計な事を言っていないで、我々も出発です。

元旦に初詣する高滝神社の裏側を通過して、牛久の町のメインストリートを通過。
中々立派な建物が並んでおります。
往時は、さぞや繁盛した街だった事でしょう。

市原インターに向い、手前の道の駅あずの里市原で休憩。
立派な施設でノンビリ休息。
ここで解散し、アクアライン方面と千葉方面に分かれて
家路に着く事になっております。


今回は、いつもよりも早く会社に到着しました。
皆さんも、早く家に帰ってユックリ休めたのではないでしょうか?

では、今月の月例ツーリング報告を終了いたします。
[PR]
by hanehon | 2009-03-01 14:57