ハネホン月例ツーリングをコーディネートする社長がその楽しさをリポートします


by hanehon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2009年 04月 26日 ( 1 )



はなわの道の駅に到着。

結構車輌が多く、天気に誘われて近隣の人達が出て来ている様子だと
トイレに向かう時にすれ違うおじいちゃん・おばあちゃんの様子から感じられました。

そして、この道の駅は、非常に食べ物屋が多くある所だな~と感じました。



ここで事件発生!

羽田のKさんがバイクで私のそばに来て、ガス臭いと訴えてきました。

バイクを見ると、ガスが漏れている様子でしたので
即、Kさんはカウルを外し、漏れている箇所を発見しました。
ですが、部品がない為、引取りを依頼し
Kさんを残して出発する事となりました。
 

この時、引取りに際してのロードサービスの重要性を強く感じました。


ロードサービスの種類も、最近は沢山あります。
価格の違い、サービスの内容等はありますが、何かに加入していた方が良いと思いました。


1.全国バイク協同組合のライダースカード
2.任意保険と同時加入のロードサービス
3.盗難保険とセットのロードサービス
4.メーカーオーナーズクラブのカード 等々

いろいろありますし、経費も非常に安いので
加入しておくと安心してツーリングが楽しめます。

我々は北海道でも東北でも、何処へでも行きますので
絶対に必需品だと考えます。

皆さまにも、ご加入をお勧め致します。



はなわの道の駅を出て、川沿いに山に入って行きましたが
ここからが最高でした。

我々の常で、あまり国道は使わず、もっぱら広域農道専門で走るのですが
この高萩塙線は最高ですよ。


途中、はなわ悠々ランドのそばを通過しました。
ここは、いつも食事に寄る立派なホテルとお風呂とレストランが一体となった
規模の大きな手入れの行き届いた施設です。



山桜が点在する山道を40㎞位走った所に
こんな田舎には珍しく、車が道の両側に駐車し、人が沢山居る所があるので
こりゃ何事か?

大きな桜の木があり、皆が写真を撮っておりました。

e0169970_114644.jpg



私は早速カメラを片手で準備し、桜の横を通り過ぎる瞬間パチリと一発!
更に下に来て、もうひとつパチリとやって通過しましたが
その後の皆の話題は、桜の話ばかり。

しかし、流石の物知り博士のMさんも、この桜の事は判りませんでした。

 
帰宅後、すぐに宇都宮のMiさんからのメールで “松岩寺の山桜” と判明しました。

Miさんは、宇都宮への帰路、わざわざこの桜を見に行ってくれたそうです。
幹の直径は約2メートルもあったそうで、たくましいゴツゴツした幹が思い出されます。
写真をココに載せますが、走行中の写真ですからあしからず。


e0169970_11464135.jpg



ここから一気に高萩ICを横切って市内へ入り、6号線を南下して鵜の岬に到着。

ここは日本一の国民宿舎で有名なところですが、本日は昼食だけで
日帰り温泉には入れず。
また、広大な庭というか敷地の散歩も出来ず、残念です。

レストランは、100名位は入れる大きなドーム型の屋根を持った
Goodデザインの建築でした。

そして、最高なのは、キビキビ働く若いウエイトレスさんと
短時間で料理を作ってくれるコックさんたちなのです。


e0169970_1147032.jpg


ご馳走様でしたm(_ _)m



サア、これからは帰路です。

でも、高速を一気に帰る訳ではなく
これからまた、ビーフラインという森と畑の中のカントリーロードを
楽しんで笠間まで下り、友部ICから高速で都心に向かうコースです。

北関東自動車道も貫通し、便利になってきました。

常磐は大型のバス・トラックが少なく、結構走りやすく
疲れずに首都高に入り、湾岸に向い、湾岸を羽田に向かいます。

羽田から、走行距離530㎞余り。

今日も、70歳を越すTさんもOさんも、250CCのスクーターで参加のTさんも
皆元気に走りきりました\(⌒▽⌒)/

いつもの事ですが、高速で途中で降りて帰宅する仲間と
「また来月お会いしましょう! お疲れさまでした!」
の手を振りながら、分かれて家路に着いていくのです。


その言葉通り、また来月の月例ツーリングで元気に走りましょう(^O^)/


e0169970_11472138.jpg




先日、バイクは若さを保つには非常に有効だとの研究発表が有りましたが
我々の仲間は本当に元気に走り、楽しく語り合う人ばかりですので
その研究は当たっている!!!と私は信じます。

                                     佐藤
[PR]
by hanehon | 2009-04-26 16:18